NPO法人 すみのえ育 > 最新情報 > 市民協働スペース「きずなステーション」管理運営業務の受託

市民協働スペース「きずなステーション」管理運営業務の受託

すみのえ育が表題の公募プロポーザルへ応募しておりましたが、先日無事に選定いただき、平成27年10月1日より管理運営業務を受託させていただく運びとなりました。

きずなステーションでは、平成27年度住之江区運営方針経営課題2に掲げる「多様なつながり(マルチパートナーシップ)の推進によるまちづくり」に向け、様々な活動主体が情報を共有し、交流を図ることで団体同士のつながりを生み、マルチパートナーシップの形成による継続した活動が行われていくことを目的としています。

住之江区には活力のある豊かな地域社会づくりの担い手として、地域団体・NPO・企業・行政などさまざまな活動主体が存在し、活動しています。

地域活動やまちづくり、社会貢献活動に取り組むそれぞれの団体の問題意識や、それぞれの団体が活動を通じて蓄積した課題解決のノウハウなどの情報を共有し、連携・協働による新しい解決策を生み出すための交流拠点として機能出来る「きずなステーション」を目指します。

きずなステーションは10月1日より区役所玄関の正面に移動しリニューアルオープンいたします。
沢山の方が交流利用できる場作りとなるよう精一杯努めさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。

【平成27年度 市民協働スペース「きずなステーション」管理運営業務にかかる公募型プロポーザルの選定結果について】
http://www.city.osaka.lg.jp/suminoe/page/0000324694.html

カテゴリー: 最新情報