NPO法人 すみのえ育 > はぐ食堂/こども食堂 > 8/10はぐ食堂でした

8/10はぐ食堂でした

今日は17時の開始から満席状態で2時間が過ぎました。
子どもたちには40分ほど待ってもらってからのごはんでした。

30名弱の方にお越し頂き、お料理もほぼ完売でした。

【本日のメニュー】

  • 野菜たっぷり!鶏つくねのキノコあんかけ丼(しいたけ:徳島県産、小松菜:大阪府産、人参:北海道産、生姜:高知県産、えのき:長野県産、白ネギ:鳥取県産、かいわれ:大阪府産、鶏肉:香川県産、米:鳥取県産)
  • 納豆チーズの巾着焼き(納豆:北海道産)
  • ちくわ麸ともやしの味噌汁(もやし:兵庫県産)
  • 漬物

写真もなんと、、ギリギリ料理の写真が撮れたくらいで、一切他が撮れてないです〜(>_<)

Jpeg

Jpeg

Jpeg

Jpeg


 

【寄付】

1棟自治会副会長の岩本様と、何時もボランティア頂いてる嶋田様よりスイカをご寄付頂きました!!!
来られた皆様へお出しいたしました♪

また、いつも徳島より無農薬野菜をご寄付いただいてる前野様からお野菜を頂いたのですが、先週でしてはぐ食堂には間に合いませんでしたので、お世話になってる方々にお配りさせていただきました♪

そして、いつも東加賀屋住宅1棟の周辺や花壇をお手入れに熱心な通称「お花のおばちゃん」より1000円の寄付をいただきました♪
いつも遠慮されて食堂にまで中々お入りいただけないのですが、今日は珈琲を飲みながら皆さんとオシャベリして帰られました♪

いつもいつもありがとうございます!!!
こうして支えて頂いてることに日々感謝ですm(__)m

【本日のボランティア】

Extra Dish Bar SOLUNA と 肉バル363(サブロッソ)より長田氏、伊達、伊達の娘(高1)の3人で行いました。
本日の調理担当は伊達です。


 

明日もはぐ食堂です!

今、孤食が増えています。
また、コンビニ食やインスタントフードや、調理が簡単な分、添加物が多い料理などが増え、食の大切さに対する意識が薄くなり、共に食卓を囲んで楽しくお食事をする風景がどんどん減っているように思います。

また、共働き家庭やひとり親家庭に多いようですが、お子さんが居てる家庭でも親御さんがあまり料理をしない・多忙で出来ないといった理由で、日頃は給食に頼ってなんとか食事ができてる子どもたちもいてるのですが、夏休みになってしまうと給食がなくなるので食事にあまりありつけずに痩せてしまうケースも多いようです。

それとは別に「お金を与えて自分で購入するように指示」するケースもあるのですが、まだ幼い子どもたちには「バランスの良い食生活」を意識できず、また手軽に寄れるコンビニ等でそれを実現することは実際難しく、唐揚げ、インスタントラーメン、コンビニおにぎり、はたまたそれらよりお菓子を買い込んでしまう、という結果に至ってしまってるケースもあるようです。

食事の内容やバランス、そして家族の顔を見ながら会話を楽しみながら囲むあたたかい食卓があるかどうかで子どもたちの精神的な成長にも影響があると思います。

はぐ食堂ではみんなで食卓を囲んでわいわいごはんを食べています!
毎回顔を合わせていくうちに「今日は元気ないな〜どうしたんや!?」「今日はなんかオシャレやな〜!」などの挨拶や確認ができるようになってきます。
嫌いだった食べ物も、周りのみんなが美味しそうに食べてるとついつられて食べてしまって「美味しかった!」と言ってくれることもあります。

ぜひわいわいと美味しくごはんを食べて下さい♪

お子さん連れのお母さんも、お子さんだけでも、今日は家事を手抜きしたい方も、今日も一人で晩ご飯って方もぜひぜひお越し下さい♪

 

カテゴリー: はぐ食堂/こども食堂, 最新情報 タグ: ,