メンバーごあいさつ

伊達美寿保(だてみずほ) / 理事長

 

1973年生まれのAB型で、食べることとおしゃべりすることが大好き。
幼少期は母子家庭育ち、現在はデザイン制作業とNPO法人の活動をしながら、シングルマザーとして2人の子ども達とまったり生活をおくっています。

法人の設立以前より、ボランティア活動で住之江区のまちおこしイベントなどに携わってきました。そして元住之江区長の助言もあってNPO法人を設立することになりました。
立ち上げメンバーのひとりとして参加し、翌年には代表理事となり現在に至るまで活動をしております。

独身時代は仕事漬けの日々でしたので、「子育て」や「まちづくり」などに特別関心があったわけではありませんでしたが、自身の子育てを通じて地域に関わるようになり、そこから見える疑問や不安について私にも何かできることがあるんじゃないかと思うようになりました。

実は私の子ども〜青春時代は少し特殊な時期を過ごしてきました。

2歳の頃に両親が離婚、その後の幼少期は母と一緒に暮らせない時期があったため預けられた先の家を転々として過ごしました。小2の終わりから継続して母と一緒に暮すようになりましたが、その頃から母がギャンブル依存・アルコール依存・精神病を患い、自殺未遂を起こすようになったり、育児放棄や虐待を行ったりと、なかなか平穏に過ごすことができない日々でした。

環境からの影響もあってか、10代の頃からひどいアトピーや喘息などで健康面も不安定でした。

母がそんな状態だったので9歳から家事をし、15歳のころから仕事に就き家計を支えてきました。15歳で過労によるアトピーの悪化で入院をした際に同室に高校生がいたことから高校進学に憧れ一年遅れで入学するも、夜間の仕事を欠かすことが出来ず、3年生手前で進学を断念。

いろんなことがありましたが、たくさんの方に助けていただきながら、現在は以前より関心のあった食育やこどもの居場所づくりといった活動をさせていただいております。

食の大切さ、人間関係の大切さ、地球環境の大切さ、生きる力を育む大切さ等を含め、子ども達が将来に希望を持って心身ともに健全に生きていくためのお手伝いをさせていただきたいと考えています。

まだまだ自分の事で手一杯ではありますが、「笑う門には福来たる」そんな楽しい場がつくれるよう目一杯頑張りますので、みなさま何卒よろしくお願いいたします。


 

福永法子(ふくながのりこ) / 理事

こんにちわ。
文字と山歩きとナンプレが大好きで
愛する二人の子どもと日々育っている福永と申します。
加賀幼稚園、加賀屋小学校、加賀屋中学校出身。
4人兄妹の1番上です。

料理はいかにして安心安全なものを作るかを毎日模索中。
微生物も増殖中(^^)
有機野菜、無添加が当たり前になる日本にしたいです。

最近は「常識を疑う」ことを楽しんでいます。
疑って調べればびっくりすることだらけ。
世の中知らない事だらけで
インプットすることが無限にあることに気付かされます。

「子どもを真ん中に♪」
世界中の子ども達が幸せになる為に
自分ができることを日々模索しています(^^)
今の地球は未来の子ども達からの預かり物。
少しでも美しくしてお返し出来る様にしたいです。
問題山積みの世界ですが「無関心」という殻を破れば
世界は変えられる♪
つい100年前まで黒人と白人の同席、女性の参政権、同姓婚etc.
なんて考えられなかったのですから。

すみのえ育さんで学ぶことたくさんあって
本当に幸せです( ´︶`)
子ども達と一緒に成長していきたいです。
よろしくお願い致します。

 


 

徳安 好広(とくやすよしひろ) / 理事

子ども達が将来、健康で幸せに育つお手伝いが出来ればと思い、参加させていただいております。

言葉少なめですが、今後共よろしくお願いいたします。


 

伊達 楓佳(だてふうか) / 正会員

はじめまして!
理事長の長女で、すみのえ育の設立時よりボランティアスタッフとしてお手伝いをしてきました。

主に、子ども達の居場所づくりやこども向けワークショップ、空手教室やイベント運営などの活動をしています。

趣味は音楽や映画、絵を描いたりすることです。

私自身、母子家庭で育ち、中学時代は不登校の時期もありましたが3年より受験を経て無事高校へ入学しました。成績や友達関係は順調だったのですが、学校の方針に疑問を抱き、高校を1年で中退。

そういった経験を踏まえ、子ども達の居場所づくり「はぐ食堂」や、家庭や学校では体験できないような場作りの企画に関心があり、現在は「@ホームコミュニティHUG CAFE::はぐかふぇ::」を母と一緒に切り盛りしています。

まだまだ世間知らずな私ですが、はぐを通じていろんな方と出会い、たくさんの経験と共に学びを得ていきたいと思っていますので、これからも何卒よろしくお願いいたします。